オーガニック専門店 | 有機野菜セット送料無料

0

現在カート内に商品はございません。

0

現在カート内に商品はございません。

ホーム / 簡単ブログPro詳細ページ

ひどい肩こりは酵素不足が原因かも?その理由や予防・解消法をご紹介

こんにちは。

兵庫県・東加古川のorganic cafe & market「ETHOS(エトス)」です。

 

誰しも一度は、辛い肩こりに悩んだことがあるのではないでしょうか?

 

肩こりが酷いと、頭痛や吐き気を伴うこともあるので、慢性的な頭痛にお悩みの方はとても辛いですよね。

 

肩こりの原因には色々ありますが、酵素不足も原因の一つであることをご存知ですか?

 

ストレッチをしても、温かいお風呂に入っても慢性的な肩こりが治らない!という方は、もしかしたら酵素が足りていないのかもしれません。

 

今回は、なぜ酵素不足が肩こりの原因になるのかをご説明していきます。また、肩こりを予防・解消する方法も一緒にご紹介いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

なぜ酵素不足が肩こりの原因になるのか?

酵素不足がなぜ肩こりの原因になるのか?

それは、酵素が私たちの血液循環を促進し、新陳代謝で体の隅々にある不要で有害な物質を体外に排出してくれているからです。

 

また、血液循環が良くなれば個々の細胞が活性化し、自然治癒力や免疫力も高まります。

 

簡単に言えば、肩こりをしている箇所の血流を良くして筋肉のこりを解消、細胞の損傷を治癒してくれるのが「酵素」ということです。

 

どれだけ酵素が重要か、これだけでも十分おわかりいただけると思います。

 

 

そもそも肩こりの原因は、

 

 

・頭や首を支えることによる筋肉疲労

・同じ姿勢で長時間いることで、筋肉が緊張し血行不良や眼精疲労が起きる

・末梢神経の損傷

・ストレスによる血行不良

 

 

上記の理由が考えられます。

 

酵素は、血行を促進し、疲労の原因となる乳酸や疲労物質の蓄積を防いでくれているので、肩こりをする方は普段から酵素が不足しないように気をつけることが大切です。

 

 

そもそも酵素にはどんな働きがあるの?

酵素は大きく分けて「体内酵素」と「体外酵素」があります。

 

 

〈体内酵素〉

 

・代謝酵素として新陳代謝やデトックス、自然治癒力に使われる

・消化酵素として食べたものを消化するのに使われる

 

 

〈体外酵素〉

 

・体内酵素のサポートをする

 

 

体内酵素は体内で作られる酵素で、体外酵素は食べた物から取り入れる酵素です。

体内酵素は、一生で使える分が個々で決まっていて、年齢を重ねるたびに減少すると言われています。

そのため、積極的に体外酵素を取り入れ、節約することが大切です。

 

肩こり以外に、酵素不足で起きる症状

肩こりの他にも、酵素が不足すると下記のような症状が起こり始めます。

 

 

①便秘・下痢(腸内環境が良くない)

②便やオナラが臭い

③疲労感が抜けない・体がだるい

④風邪をひきやすい

⑤アレルギーになりやすい

⑥眠れない・眠りが浅い

⑦朝スッキリ起きられない

⑧むくみ・冷え

⑨肌の調子が良くない(ニキビや吹き出物、メイクノリが悪い)

⑩体重が増えやすい・減りにくい

 

 

酵素は、私たちが生きる上で欠かせない物質です。

 

肉や魚、野菜など、多くの食材に含まれていますが、取り方を間違えると酵素の効果が失われてしまい、ほとんど摂取できなくなります。

 

酵素の取り方に興味がある方はこちらをご覧ください。

手軽でおすすめの酵素サプリメントはこちらです。

酵素不足以外に考えられる肩こりの原因

肩こりは色々なことが原因で起こる可能性があります。

大きな原因は「筋肉疲労」「血行不良」「末梢神経の損傷」「ストレス」です。それらが起こる原因を、以下でまとめてみました。

 

 

◆同じ姿勢でいることが多い

デスクワークや細かい作業などで一日中同じ姿勢でいる方は、筋肉を動かさないことで首や肩に負担がかかります。また、血行不良で疲労物質も蓄積してしまうでしょう。

 

 

◆姿勢の悪さ

猫背、反り腰、どちらか左右に体が傾いている状態だと、姿勢が悪く肩こりをする可能性があります。いつも同じ肩にバックをかけている方も、気をつけましょう。

 

 

◆運動不足・過度な運動

運動不足が続くと、筋肉が衰え首や肩の負担が増します。また、筋肉の緊張状態が改善されずに血流の悪化を招くことも肩こりの原因です。

反対に、激しすぎる運動も肩こりを引き起こすことがあるので気をつけましょう。

 

 

◆眼精疲労

携帯・パソコン・テレビ画面の見過ぎ、ゲームのし過ぎなどの眼精疲労も肩こりの原因になります。

 

 

◆ストレスの蓄積

ストレスのため過ぎは自律神経が乱れ、筋肉の緊張と血行不良で肩こりを引き起こします。

 

ひどい肩こりを改善・予防する方法

ひどい肩こりを改善するための方法や予防法を、以下で挙げていきます。ぜひ参考にして、肩こりを解消してください。

 

①首や肩、肩甲骨周りの筋肉(僧帽筋)をこまめに動かす

デスクワークなどで同じ姿勢で仕事をすることが多い方は、休憩時間に少しでもいいので、首や肩、肩甲骨の周りの筋肉を動かしましょう。

 

特に僧帽筋(そうぼうきん)と呼ばれる、首から背中に広がる筋肉の衰え、緊張、痛みが肩こりの原因になると言われています。

 

 

僧帽筋をこまめにほぐしてあげることが、肩こりの解消には効果的です。

 

 

②正しい姿勢を身につける

猫背や反り腰などの悪い姿勢は肩こりを招きます。

肩こり解消のためにも、正しい姿勢を身につけましょう。

正しい姿勢を作る流れは、以下の通りです。

 

 

①頭頂部が上から釣り上げられているように背筋を伸ばす

②正面を向きながら顎を引く

③胸を張る

④肩の力を抜く

⑤下っ腹とお尻を引っ込める

 

 

肩こり解消のためにも、見た目が美しい人になるためにも、正しい姿勢はいつも意識して行いましょう。

 

 

③運動習慣を身につける

肩こりを予防・解消するためには、柔軟で適度な筋肉が必要不可欠です。

週に1度でも運動習慣を身につけることで、筋肉の強さと柔軟性を保つことができます。

 

 

④酵素で体の中から肩こりを予防する

一時的に体の血行を良くするだけでは、またすぐに肩こりしてしまう可能性があります。

根本的な血流を改善し、疲労物質が溜まりづらい体を作るためにも、酵素を積極的に取ると効果的です。

 

生野菜、発酵食品などの食材で酵素は取れます。

もし、食材で摂ることが難しい方は、酵素ドリンク酵素サプリメントで補いましょう。

 

酵素を補い肩こりを予防・改善しよう!

今回は、酵素不足が肩こりの原因になる理由をご紹介してきました。

 

酵素が不足すると、血液循環が悪くなり新陳代謝が滞るから肩こりが起きます。

 

慢性的な肩こりに悩んでいる方は、ぜひ積極的に酵素を取り入れていきましょう。

 

関連商品

カテゴリ一覧

ページトップアイコン