オーガニック専門店 | 有機野菜セット送料無料

0

現在カート内に商品はございません。

0

現在カート内に商品はございません。

ホーム / 簡単ブログPro詳細ページ

【分かりやすく解説】有機栽培と特別栽培の違いは?無農薬と表示できない訳も

こんにちは。

兵庫県・東加古川のorganic cafe & market「ETHOS(エトス)」です。

 

食品の原材料や添加物の有無を気にする方が増えた昨今、野菜の農薬についても気にされる方が多くなっています。

 

もちろん農産物が作られる際は、農薬の残留濃度を確認した上で健康に影響がないと判断され販売されてはいますが、やはり農薬が残っていると不安に思う方は多いですよね。

 

できれば、農薬を使用しないで栽培された野菜が食べたい!

そう考えると「有機栽培」の野菜を選ぶべき?

それとも「特別栽培」という栽培方法の方が良いの?

 

このように2つの栽培方法の違いが気になる方のために、今回は「有機栽培」と「特別栽培」の違いを分かりやすくご説明していきます。

 

ぜひ、今後の野菜選びの参考にしてみてください。

 

有機栽培と特別栽培の違いとは?

自治体や農家独自の栽培方法は多種多様にありますが、一般的に広く知られている代表的な栽培方法は「有機栽培」「特別栽培」「慣行栽培」の3つです。以下で、詳しい内容をご説明していきます。

 

有機栽培とは?

有機栽培(有機農業)とは、一年生植物は2年以上、多年生植物は3年以上、化学肥料や農薬、遺伝子組み換え技術を使っていない栽培方法のことを言います。

 

自然の力を最大限に利用しているので、人体だけでなく環境にも優しい農業です。

 

有機栽培では一定期間、化学肥料や農薬は使用されていませんが、天然系農薬や肥料(有機肥料)の使用は認められています。

 

土づくりから2年又は3年の年月がかかるため、すぐには特別栽培と呼ぶことはできません。そのため、農薬や肥料を使わなくなってから6ヶ月以上3年未満の畑で栽培された農産物を「転換期間中有機農産物」と呼んでいます。

 

日本で販売される農産物や加工品の中で、「有機」や「オーガニック」と表示して良いのは、JAS規格に合格し「有機JAS認証」を取得したものだけです。

 

特別栽培とは?

特別栽培農産物とは、その農産物が生産された地域の慣行レベル(節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べ、節税対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下、で栽培された農産物のことを言います。

 

特別栽培農産物と呼ぶには、節減対象農薬と化学肥料どちらも50%以下でなければなりません。

 

法的な強制力はないので、この特別栽培を行うかは農家それぞれの考え方にもよりますが、一定のルールを作ることで、生産者の努力を消費者に伝える目的があります。

 

有機栽培と特別栽培の違いは?

有機栽培と特別栽培の違いは、有機栽培には農産物を作る土壌から厳格な規制があり、その環境を最低2〜3年は維持しなければなりませんが、特別栽培は最近まで農薬を使っていた土壌でも問題ないという違いがあります。

 

また、地域の慣行レベルはそれぞれ違うので、50%以下ということは、使用する農薬や化学肥料の量も地域によって違ってくるでしょう。

 

天然系の農薬や有機肥料しか使用が認められていない、有機栽培とは大きく異なります。

 

ただ、多少農薬や化学肥料を使用したとしても、全く節減せずに栽培するのとは生産者側の負担も大きく違います。

 

100%農薬と化学肥料を使用していない農産物と、50%以下は使用している農産物、全く節減せずに農薬や化学肥料を使用している農産物とで分かれていれば、商品を購入するの際の判断基準にもなるでしょう。

 

代表的な栽培方法には「慣行栽培」という方法もある

実はこの「慣行栽培」の方が、広く一般的に行われている栽培方法です。

 

通常の生産過程では、化学合成農薬や化学肥料、化学合成土壌改良剤などを必要に応じて使用しています。

 

使用できる農薬や肥料の種類も、使用回数も、作物の種類によって決まっていますが、有機栽培や特別栽培のように「使用していない」「節減している」という評価にはならない栽培方法です。

 

現在、「有機」「オーガニック」「農薬を使用していない」「特別栽培農産物」などの、特別な表示がない農作物は、この慣行栽培で生産された農作物である可能性が高いでしょう。

 

有機JAS認証の流れ

「有機農産物」として販売するには、JAS規格の検査に合格し認証を得る必要があります。

 

JAS規格とは、農林水産大臣が制定した「日本農林規格」のことです。

 

品質に関する基準や生産方法に関する基準が定められていて、この基準を満たし検査に合格すると「有機JASマーク」をつけることができます。

 

有機JAS認証の流れを簡単に説明すると、以下の通りです。

 

 

〈申請条件〉

 

①農業経験が3年以上ある。(短縮要件あり)

②多年生作物は普通農産物の収穫以後3年間、それ以外の作物は播種前2年間の有機的管理を行っている。

③栽培管理記録が記録されている(過去3年又は2年分)

 

 

〈有機JAS認定の流れ〉

 

ステップ①有機JAS認定講習受講

ステップ②申請書の作成・提出・手数料納付

ステップ③審査員による申請書類の審査・現地確認

ステップ④判定会議及び結果通知・実地調査料納付・認定書交付

 

※ 認定調査日から1年を超えない期間内に、次年確認調査が行われる。

 

 

上記が、有機JAS認定を取得するまでの流れです。

 

有機JAS認定を取得するまでには、土壌づくりから現地確認まで、時間と費用が多くかかります。

そのため、実際は農薬や化学肥料を使用していなくても、有機JAS

認定を受けずに出荷している生産者もいます。

 

「無農薬」と表示できない訳

「無農薬野菜」や「無農薬栽培」などの言葉を目安に、野菜を選びたいと考える方もいるでしょう。

しかし、農林水産省が定めた「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」では、「無農薬」という表示は禁止事項になっています。

 

その理由は、消費者が「無農薬以外の野菜は体に悪い」と誤解する場合があるからです。実際、登録認証の厳しい有機栽培よりも、登録なしで無農薬と表示された作物の方が良いと感じる方もいます。

 

どれだけ農薬や化学肥料を使用していない畑でも、周囲で農薬や化学肥料を使用している場合、その影響を受ける可能性があります。

そのため、完全なる「無農薬」という言葉は本来適切ではありません。

 

誤解を招くことがないように、「無農薬」という言葉の使用はできないことになっています。

ただし、「農薬未使用」「農薬は使っていません」という言葉は使用できます。

 

おすすめ!有機野菜セットの紹介

ETHOSでは、有機野菜セットの定期便をおすすめしています。

野菜は全てオーガニック!厳選された新鮮な旬野菜が届きます。

ぜひ一度お試しください。詳しくはこちら

 

有機栽培と特別栽培の違いまとめ

今回は、有機栽培と特別栽培の違いをご紹介してきました。

どちらも農薬や化学肥料を節減しようとする、生産者の努力の表れです。

消費者がより安心して美味しい作物が食べられるように、生産者は日々努力を重ねてくれています。

我々も、正しい知識と見極める目を持ちながら、毎日食べる野菜を選んでいきましょう。

関連商品

カテゴリ一覧

ページトップアイコン