オーガニック専門店 | 有機野菜セット送料無料

0

現在カート内に商品はございません。

0

現在カート内に商品はございません。

ホーム / 簡単ブログPro詳細ページ

アレルギー対策には酵素が重要!?腸内フローラを整え発症を予防しよう!

こんにちは。

兵庫県・東加古川のorganic cafe & market「ETHOS(エトス)」です。

 

最近、アレルギー性鼻炎や食物アレルギーなど、様々なアレルギー症状で悩む方が急激に増えたように感じます。

 

食べたくても食べられない。

季節によってひどい症状が出る。

 

そんな辛い日々を、自分が送るのも子供が送るのも嫌ですよね。

 

そこで今回は、アレルギー予防・対策として「酵素を取り入れて欲しい理由」をご説明していきます。

 

今はまだアレルギーがない方も、現在辛いアレルギー症状でお悩みの方も、解決のヒントになることがあるかもしれません。

ぜひ、最後までお読みいただければ幸いです。

 

アレルギーとは?

そもそもアレルギーとは、細菌やウイルス、寄生虫などの異物から体を守るための「免疫」が、過剰に反応してしまい引き起こされる症状のことです。

食生活や環境などによって免疫に異常が生じると、くしゃみ、鼻水、発疹、呼吸困難などのアレルギー症状が起こります。

 

アレルギーを引き起こす原因

アレルギーの原因となる物質は「アレルゲン(抗原)」と呼ばれ、食物、花粉、うるし、金属、ゴム、薬品、ダニ、ハウスダウストなど数多くのアレルゲンが存在しています。

 

どのようなアレルゲンによって症状が発症するかは、人それぞれです。

 

アレルゲンが体の中に入ると「lge抗体」と言う物質が作られ、この抗体に対して反応しやすい「感作」と言う状態になります。

感作になると、また同じアレルゲンが体内に入った時に、lge抗体とくっつきアレルギー反応を引き起こしてしまうのです。

 

主なアレルギーの種類

数多くのアレルギーがありますが、よく聞く主なアレルギーをご紹介していきます。

 

・食物アレルギー

免疫システムに異常がある場合や、消化・吸収機能が未熟な小児が食べ物を異物と認識してしまうことで起こるアレルギー。

 

・花粉症(アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎)

スギやヒノキなど、花粉を吸い込むことで起こるアレルギー。

 

・ぜん息

気道に炎症が起き、敏感な状態になることで運動やほこり、アレルゲンが刺激となり息苦しさなどの症状が出るアレルギー。

 

・アトピー性皮膚炎

皮膚が炎症、乾燥し、強い痒みのある発疹ができるアレルギー。

 

・ラテックスアレルギー

天然ゴム製品に触れることで起こるアレルギー。

 

・金属アレルギー

金属製品に触れることで皮膚がかぶれるアレルギー。

 

アレルギーになりやすい人の特徴

今や日本人の2人に1人が、アレルギー体質だと言われています。

なぜこんなにも、アレルギーになりやすい人が増えているのでしょうか?

以前は、こんなにも多くの食物アレルギーの子供もいなかったと思うのですが…。

 

以下で、アレルギーになりやすい人の特徴をまとめていきます。

 

①キレイな環境に慣れすぎている人

このご時世なので、仕方のないことではありますが、今は何でも除菌、除菌の世の中です。

 

その分、風邪などにかからずに済みますが、本来あるべき菌まで除菌してしまうため、今の若い世代の方は多種多様な菌に体が慣れていません。

 

ふとした時に、菌やホコリ、花粉などを吸い込み、免疫機能が異物と勘違いしてしまう可能性があります。

 

手を洗い、身の回りの物をこまめに除菌することも大切ですが、たまには自然の中で土や木に触れてみたり、普段とは違う環境で過ごすことで自然と菌に対する免疫力アップにも繋がります。

 

 

②腸内環境が良くない人

腸内には500〜1000種類以上、約100兆個もの腸内細菌がいます。それはまるで様々な種類の花が咲くお花畑のように見えることから「腸内フローラ」又は「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。

 

その中の善玉菌が増えれば、アレルギーを抑える「乳酸菌」や「酪酸菌(らくさんきん)」が腸内で多く生産されるのです。

 

反対に、腸内環境が悪くなり悪玉菌が増えると、アレルギーを発症してしまうと考えられています。

 

実際、花粉症の方は腸内細菌が少ないこともわかっており、生後3ヶ月くらいの小児は、腸内細菌叢の多様性が低いことでアレルギーが発症すると言われています。

 

つまり、アレルギーが発症するかしないかは、腸内環境が良いか悪いかが大きく関係しているのです。

 

善玉菌のエサとなる、食物繊維を多く取っているか?

善玉菌を作り出す酵素を、毎日取り入れているか?

 

このように大人も子供も、意識して腸内環境を良くすることでアレルギーの発症を抑えることに繋がります。

 

③ストレスが溜まっている人

ストレスが溜まっている場合も、アレルギーの発症リスクを高め、実際にじんましんなどのアレルギー症状が出ることがあります。

 

現代はストレス社会で、ストレスのない人の方が少ないでしょう。しかし、うまく発散できずに溜め込んでしまうと、前述した腸内環境の悪化にも繋がり、免疫力低下や睡眠不足を引き起こします。

 

心身のバランスを整えることが、アレルギー予防にはとても重要です。

 

アレルギー対策に酵素が重要なわけ

アレルギーになりやすい人の特徴でもご紹介しましたが、腸内環境が良くないと、アレルギーの発症リスクを高めます。

 

そこで重要なのが、腸内環境を整える「酵素」を意識的に取り入れることです。

 

酵素には、食べたものを消化する「消化酵素」というものがあり、体内で作られる酵素もありますが、数に限りがるのでなるべく節約しなければなりません。

 

食べ物やサプリメントなど外部から酵素を取り入れ、消化がスムーズに進むことが腸内環境を整える鍵になります。

 

酵素を取り入れるには、生野菜か発酵食品を摂る必要がありますが、みなさんは、これらを毎日取り入れていますか?

 

酵素は熱に弱いので、生の野菜でなければならない点が厄介です。また、発酵食品も好きでなければ毎日食べなかったりします。

 

もし、食べ物から酵素を毎日取ることが難しいときは、サプリメントだと手軽で続けやすいでしょう。

 

オーガニック酵素サプリ「blossom(ブロッサム)」についてはこちら

 

アレルギー対策には酵素!腸内フローラを整えよう

今回は、アレルギー予防・対策として「酵素を取り入れて欲しい理由」をご説明してきました。

 

色々なアレルゲンがあり、いつ、どこで、誰がアレルギーになっても不思議ではありません。

 

ぜひ、心身のバランスと腸内環境を整えて、アレルギーにならない体づくりをしていきましょう。

 

そのためにも、ぜひ酵素を意識的に取り入れることをおすすめいたします。

関連商品

カテゴリ一覧

ページトップアイコン